現在、ワンピースの麦わらの一味の中で最も注目され、活躍を見せているのは”黒足”ことサンジでしょう。



ビッグマム篇では物語の中心キャラクターとして活躍をしており、それに伴ってサンジについて多くの事実も判明してきています。



ただ、多くの事実が判明してきているのと同時に、まだ明らかになっていない考察も多く存在します。



そこで今回は、サンジについての考察で「既に事実が判明しているもの」と「今後、考察がされていくもの」をまとめさせていただきました。







ワンピース・サンジについて既に判明しているものは?







サンジは、連載当初から多くの謎があったキャラクターでしたが、今回のビッグマム篇でようやく出生や正体が判明したキャラクターです。



サンジについて考察されてきたものの中で、既に事実が判明しているものをまとめました。



サンジの正体は”ヴィンスモーク家・三男”




まず、サンジの正体についてですが、北の海の戦闘部隊組織であるジェルマ66を率いるヴィンスモーク家の三男でした。



サンジ含むヴィンスモーク家の5人兄弟は、幼い頃から軍隊並みの戦闘訓練をさせられ、戦闘に必要のない感情を持たないように身体を改造されてしまいます。



しかし、その中でもサンジは、母・ソラの努力のおかげで感情を持ちながら生まれ育ちます。ただ、そのことがきっかけで、父・ジャッジからきつく扱われるようになり、故郷から逃げ出すように海へ出ることとなったのでした。



手配書が”ONLY ALIVE”の理由は天竜人でも悪魔でもない




801話にて、サンジの手配書に”ONLY ALIVE(生け捕りのみ)”の記載がされ、「サンジの正体は、天竜人や悪魔なのでは?」といった考察がされていました。



しかし、その”ONLY ALIVE(生け捕りのみ)”となっていた理由とは、サンジが天竜人や悪魔だったからではありませんでした。



サンジはヴィンスモーク家の三男であり、父・ジャッジがビッグマム海賊団に近づくためにサンジを利用しようと考えたからです。



ビッグマムの後ろ盾を得ようと考えたジャッジは、ビッグマムの娘であるシャーロット・プリンとサンジを結婚させることで、その目的を果たそうとしたのです。







ワンピース考察!サンジについていまだわかっていないことは?







初めに、サンジについて結論が判明した考察を紹介させていただきました。



続いては、サンジはついていまだあきらかになぅていない考察を3つ紹介させていただきます!



ナミのサンジ”君”という呼び方




まず、かなり昔から考察されている「ナミはなぜ、サンジ”君”と呼ぶのか?」ということについて。



ナミはサンジ以外のメンバーは「ルフィ」「ゾロ」「ウソップ」というように、名前を呼び捨てで呼んでいます。その中で、サンジだけ唯一「サンジ”君”」と呼んでいるのです。



この件については、27巻のSBSにて「ナミは、女王様気質とノリでサンジを”君”付けをして呼んでいる」という作者からの回答がありました。



作者がそう言っている以上それが正しいのでしょうが、その中でも「他の理由があるのではないか?」という考察も。



私としては、作者がそう回答している以上それが正しいと考えています。



なぜなら、他の理由として恋愛関係の考察が見られますが、過去に作者自身が「恋愛を描く予定はない」とまで言っているため、その可能性は低いと考えるからです。



サンジの母”ソラ”について




続いては、サンジたちの母であるソラについて。



ヴィンスモーク家の兄弟たちは、父・ジャッジから感情がなくなるように改造を受けていましたが、それに猛反対したのがこの母・ソラでした。



そのソラが改造に猛反対をし、自分の生死に関わるような劇物を飲むことで、サンジは感情を持ったまま生まれてくることができました。



ソラについては多くの考察がされていますが、中でも注目されているのは「海の戦士ソラ」との関係でしょう。



海の戦士ソラとは、ワンピースの世界経済新聞に連載されている「ジェルマ66と戦う海の英雄物語」の主人公のこと。



このことから、サンジたちの母・ソラと無関係とは考えにくいですし、今後海軍側としての再登場も考えられるのでは?と私は考えています。



ヴィンスモーク・レイジュは味方なのか?




ヴィンスモーク家がキーキャラクターとして描かれているビッグマム篇ですが、その中でも長女であるレイジュの活躍も目立っています。



ヴィンスモーク家は基本的にサンジの敵として登場したのですが、その中で唯一サンジの味方のような行動をとっているのがレイジュです。



サンジ以外の兄弟たちの中で唯一”かわいそう”という感情が存在しおり、サンジが過去に受けた仕打ちを知っているからこそ、サンジの味方をしているのでしょう。



今後も、レイジュはサンジの味方をするのか?または、ヴィンスモーク家の人間としてサンジたちの前に立ちふさがるのか?注目していきたいところです。



サンジについて今後発展していくだろう考察は?







サンジについてはすでに多くの考察がされていますが、他にもこれから考察がされていくだろうものも存在します。



まだまだ謎が多すぎるため深い考察が難しいものの、今後かなり注目されていくだろう考察を紹介します。



オールブルーの正体




ワンピースの中でも最大の謎の一つと言える「オールブルー」。サンジが海賊として旅をする目的の一つでもあります。



オールブルーとは、北の海・西の海・東の海・南の海の4つの海に分かれて生息しているはずの魚たちが、一箇所に集まっている伝説の海のこと。



サンジの恩師である赫足のゼフも「オールブルーの可能性を感じた」と話しており、その意志を継ぐように、サンジもオールブルーを探しています。



まだ考察をできる要素が少なく、不明点がかなり多い場所ではありますが、「4つの海がつながる」という点からも、ラフテルの近くに存在する海なのではと私は考えています。



出身地である「北の海の闇」




サンジの出身地である北の海ですが、「北の海の闇」というワードが作品の中で出てきています。



それは、トラファルガー・ローの過去編にて、コラソンとセンゴクとの会話の中で出てきています。



まだまだ考察できる要素が少ないのですが、北の海は、ドフラミンゴ・ベラミー・ヴィンスモーク家・ロー・ホーキンス・ドレークなど、多くの曲者が生まれた海でもあります。



今後、物語に何かしらの影響を与えてくることは間違いありません。



サンジはこれからも多くのことが考察されるはず




現在ビッグマム篇が連載されているワンピースですが、ビッグマム篇が終わった頃には、サンジを中心に一味がパワーアップすることになるでしょう。



その中で、サンジや麦わらの一味について多くの考察がされることは間違いありません。



今後も、サンジや麦わらの一味の活躍に期待しましょう!