どうも、ブーニャンです!!



今回はワンピース50巻のネタバレについてやっていきたいと思います!!



50巻と言えばキリのいい数字ですよねー



この頃は「もう少しで完結なのかなぁ」なんて思ってましたよ。



うん、うん・・・



全然完結しそうにない!!!



というわけでネタバレやっていきます!!



スポンサーリンク





ワンピース50巻以前のネタバレ



bry



航海の中で「ヨミヨミの実」の能力者であるブルックと出会ったルフィたち。




ブルックは全身骨人間の特殊人間!!




実は一回彼は死んでるんですね。



ヨミヨミの実って言うのはその名の通り、食べた者は死後、蘇る事の出来るようになるんです。



そんな一風変わったブルックを仲間にあっさりと誘ったルフィ。



そしてブルックもあっさり承諾。



よっしゃーー骨人間と一緒に新たな旅だーーー!!



と思いきやブルックは冒険を断ります。



どうやらその場所を離れる事が出来ないのだとか。



別に思い出の地だからとかそう言った事じゃありません。



ブルックはその光なき、魔の海域を出ると消えてしまうのです。




なんとブルックは王下七武海の一人「ゲッコー・モリア」に影を取られてしまったのでした!!



影のないブルックは日光の下を生きる事が出来ません。



だから言ったのです。



冒険にはいけないと。




しかしルフィにとってそんな問題を解決することは簡単なことでした。



ルフィはブルックに宣言したのです。



影をゲッコー・モリアから取り返すと!!



その後、麦わらの一味はゲッコー・モリアのいる「スリラーバーグ」へ。



「スリラーバーグ」はゲッコー・モリアの海賊船ですが、ただただデカイ!



中は一つの島になってるんですねー!



そこかしこにゲッコー・モリアの生み出す怪物たちがわんさかいます。



ゲッコー・モリアの部下である「ドクトル・ホグバック」が創り出した改造死体に影を入れることで「強力な怪物」が誕生するのです。



そんな怪獣と戦って打ち負かしてきた麦わらの一味。



形勢は麦わらの一味にあるように見えますが、そんな事はありません。



ルフィ達はモリアに影を抜かれてしまっているのです。



タイムリミットは日の出まで。




それまでにモリアを倒し、みんなの影を奪い返さなければいけないのでした。



スポンサーリンク





ワンピース50巻のネタバレ





勝敗はどちら!?ルフィVSモリア!!




rf


ルフィとモリア、最後の戦いです。




ここでルフィが勝てばみんなで生きて帰れますし、負ければ消えてしまいます。



笑っても泣いてもこれが最後なのです。




お互い限界まで力を出し切っています。



島中の影を吸い込みパワーアップしたモリアとギア2のルフィ。



一気に息を吸い込み、まるで砲弾のようにモリアに突っ込んだルフィ、最後の攻撃です!!



するとモリアは体中にしまい込んだ影を封じ切れなくなり、吐いてしまったのです!!



日光が半分出かかると同時に戻る影!!



決着がつきました!!



勝者、麦わらのルフィ!!



影はみんなの元へと戻りました。



これでやっとブルックを連れて海へ出れる・・・



と思ったのですがそうは行かなかったようです。



新たな刺客がルフィの前へやってきました。



「バーソロミューくま」登場




km


ルフィ達がモリアを倒せたと喜んでいるのも束の間・・・



彼らの目の前には王下七武海である・・・



バーソロミューくまが現れました!!!




バーソロミューくまの任務はルフィを含む麦わら海賊団のメンバー全員を



抹殺する事!!



襲い来るバーソロミューくま、先の戦いで気絶状態のルフィ。



麦わらの一味のメンバーはルフィを守る為にくまと戦います。



バーソロミューくまは「ニキュニキュの実」の肉球人間。



手のひらにある肉球であらゆるものを弾き飛ばす事が出来るのです。



それは大気もまた然り。



大気を圧縮する事で大気爆弾を作り出すことも可能なのです。



そんな手強いくまと戦う麦わらの一味。



しかし彼らの体もモリアとの戦いでボロボロ状態。



勝てる要素は0と言っても過言ではありません。



そんな彼らにくまは一つ提案を出しました。



ルフィの首を差し出せば、お前らの命を救ってやると。



もちろん全員拒否しました。




するとくまは自ら作り出した大型の大気爆弾を島ごと爆発!!



島にいる者は全員大ダメージを食らったのです!!




ルフィの命の代わりに自分の命を・・・!!




km2


ほとんどの者が気絶状態の中、一人だけ意識のある者がいました。



ロロノア・ゾロです。



ルフィがくまに連れて行かれそうになった時、ゾロはくまに反撃します!!



ですがやはりくまの服を切り裂いただけで、体には傷一つつけられません!!



しかも破けた服の隙間から見えたくまの体はなんと機械で出来ていました。



くまは「パシフィスタ」と呼ばれる政府が開発した人間兵器だったのでした。



ゾロは絶望します。




悪魔の実の能力者でさらに人間兵器とは勝てる要素がありません。



そこでゾロはくまに提案を出します。



ルフィの首の代わりに自分の首で勘弁してくれと。



いずれ世界一の剣豪になる男の首だと思えば不足はないはずだと。



くまはその心意気を買い、ゾロの提案に乗ることにしました。



しかし殺しはしません。



ただし地獄を見せると言うのです。




ニキュニキュの実の能力でルフィの体から「痛み」をはじき出したくま。



ルフィの体には戦いで大きなダメージが蓄積されていますから、それはとんでもないデカさです!!



これを代わりにゾロの体内に入れろと言うのです。



それがくまの提案なのでした。



ゾロはルフィの痛みを受け入れました。



気を失いそうになるほどの苦しみでした。



しかし彼は乗り越えたのです。



体は血まみれですが、ゾロは一味を守り抜きました。


しかも周りの者には何もなかったと伝えるあたりがかっこいいではありませんか!



ブルックの約束




rb


体がボロボロになったゾロを治療し寝かしつけた一味。




何はともあれ再び平和が戻ってきました!!



いつものように宴を開く麦わらの一味。



ルフィはこれでブルックと一緒に海に出る事ができると喜びます。



しかしブルックにはもう一つ問題があったのです。



ブルックは過去にあるクジラにもう一度会いに来ると約束をしていたのです。




なのでそのクジラへ会いに行く約束を果たさなければいけないのだとか。



しかし実はルフィ達はそのクジラに会った事があるのです。



そう、そのクジラの名は・・・



ラブーン




双子岬のラブーンです。




ラブーンは今でも元気にブルック達を待っていると伝えるルフィ。



ブルックの顔は涙であふれました。



最後は一人に




bs


ここで過去の回想に入ります。



もともとブルックは「ルンバー海賊団」と言う海賊に所属していました。



名のある海賊で実力もあるし何より・・・



演奏が大好きでした。




そんな彼らの演奏を聴くのが好きで子供時代のラブーンもついて来ていたのです。



しかし子供であるラブーンを何が起こるか分からない海域「グランドライン」まで連れて行く事は出来ません。



そこでルンバー海賊団は約束したのです。



戻って来るから待っていて2、3年待っていて欲しいと。



その後、グランドラインで船長は未知のウィルスにかかり、亡くなります。



残ったルンバー海賊団はその後、海上の戦いでほぼ全滅状態。



あと数分後には死んでしまうと分かった船員達は歌い、そして演奏します。



みんなが大好きだった「ビンクスの酒」を。


最後の歌は一世一代の大合唱。



しかし徐々に歌う船員は減っていき・・・



とうとうブルック一人になってしまったのでした。



そしてブルック自身も死んでしまったのでした。



そして悪魔の実である「ヨミヨミの実」の効果で数年後、また再び蘇ります。



生きててよかった




htrd


ここで回想は終わり、現代へと戻ります。




深い霧の海の中、50年近く一人でいたブルック。



もう人と会えないと思い希望を捨てた彼でしたが、ルフィがやってきました。




そして仲間に誘ってくれました。




こんなことが起こるとは思いませんでした。



ブルックはそれを麦わらの一味に伝え大泣き。



男泣きです。




こうしてブルックは正式に麦わらの一味へと加入したのでした。



船は進みます。



ブルックを乗せ、次に向かうは魚人島。



怪物が吐いたのは人魚!?




htd


魚人島はどうやら海の底にあるようなのですが、行く手段が分かりません。



潜水艦を出して見てもそれらしい島は全くなく、困り果てるルフィ達。



そんな時にやってきたのが海の大怪獣!!




巨大な怪獣がルフィを襲ってきましたが、そんなのは怖くありません。



ルフィのパンチで一発です!!




一発でやられた怪獣ですが、倒れる時に何かを吐き出しました。



その何かというのが実は・・・



人魚!!



世にも珍しい人魚と喋るヒトデが一緒に出てきたのです!!



人魚の名は「ケイミー」。



ヒトデの名は「パッパグ」。



二人は怪獣に消化されかけていたらしく、救ってくれたルフィ達に感謝しました。



麦わらの一味はすぐに彼らと仲良くなったのですが、すぐに事件が起きました。



ケイミーがトビウオライダーズにさらわれたのでした!!



スポンサーリンク





50巻にちなんだ四コマ漫画




ak


今回はモリアとルフィの対決シーンにちなんだ四コマ漫画を描いて見ました。



影をたくさん吸収して苦しそうなモリア。



そんなモリアに憧れたらこうなってしまうのかなぁと思い描いて見ました。



面白いと感じたらリツイートしてくださると嬉しいです!



スポンサーリンク