どうも〜ブーニャンです!!



今回はドレスローザ編に突入したワンピース72巻のネタバレについて見ていきます!!



では早速見ていきましょう!!







72巻以前のネタバレ




vs


新世界を旅する麦わら海賊団は旅の途中で「パンクハザード」という島へ到着する。



そこにはルフィと同じルーキーの「トラファルガー・ロー」がいて、二人は同盟を結成することに。



同盟の目的は四皇を倒すこと。



その為にローは良い案があると言い出します。



四皇の一人カイドウを倒す為にカイドウと繋がっている王下七武海のドフラミンゴを引きずり降ろそうと考えます。



それにはパンクハザードで悪しき研究をしているシーザーを捕らえる必要があるのです。



シーザーとドフラミンゴは二人で人造悪魔の実を共同制作していますから、片方であるシーザーを捕まえればドフラミンゴが出てくるという作戦です。



そしてシーザーを捕まえたルフィとロー。



ローはシーザーを返す代わりにドフラミンゴに王下七武海を脱退させるように言い出します。



王下七武海を脱退すればもう自由は効かなくなり、ドフラミンゴは海軍から追いかけ回されてしまいます。



しかし仕方なく納得するドフラミンゴ。




ロー達はシーザーをドフラミンゴに返す為に彼が国王を務めているドレスローザ王国へと向かうのでした。



ドレスローザ王国にはドフラミンゴ率いるドンキホーテファミリーの運営するコロシアムがあり、そのコロシアムの今回の賞品がなんと



メラメラの実!!



今は亡きルフィの実兄であるエースの食べた悪魔の実「メラメラの実」だったのです。



ルフィは自分の兄の食べた実だという事で手に入れる為にコロシアムへ向かうのでした。



一方ウソップ達はドレスローザ王国にいる小人達に捕まり・・・







ワンピース75巻のネタバレ




サンジとヴァイオレット




vavi


ドレスローザに来たサンジは魅力的な女性に出会った。



彼女の名はヴァイオレット。



すぐに仲良くなった2人だったのですが・・・



実は彼女はドフラミンゴの部下だったのでした!!



騙されてしまったサンジ!!



それはもうヴァイオレットにボコボコにされてしまいます!!



なんてったってサンジは女性に手を出すことが出来ないのですから!!



サンジの魅力である紳士さがこういったところであだになっちゃうんですねぇ。



しかしそんなサンジはいくらボコボコにされようとヴァイオレットを信じきっています。



本当は優しい女性だと。



ですがヴァイオレットはそんなサンジを信用していません。



君は本当は優しい人だと言っているけど、本当はそう言って私を騙してその隙に逃げようとしているんじゃないかと。



だからヴァイオレットはサンジの心の中を覗きます。



ヴァイオレットは悪魔の実の一つである「ギロギロの実」の能力者。



全てを見透かすことの出来る能力を持っているのです。



だからサンジの心の中も見透かせるんです。



そして見透かした結果・・・



なんとサンジの心の中はピンク一色!!



サンジは本当にヴァイオレットのことを信じ抜いていたのです。



まだ信じていると言っているサンジを攻撃しようとするヴァイオレットの部下達。



そんな部下をヴァイオレットは全員倒しちゃいました!!




サンジのことを信用する事にしたんですね。



実はヴァイオレットは訳があって不本意ながらにドフラミンゴの部下になっていた女性だったのでした。



そしてヴァイオレットはサンジに今朝のドレスローザの記憶を見せます。



その光景は・・・




cp0


サンジが見た光景は衝撃の事実でした。



まずドフラミンゴに対しての国民達の叫び。



ドフラミンゴが国王の座を降りるという情報が世界に報道されましたから、ドレスローザ国民達は驚きを隠せません。



しかしシーザーをローに返してもらうにはその選択肢かなかったのです。



ですがここからが問題。




ドフラミンゴは世界政府の諜報機関CP0がやってくるのを待っていました。



そしてやって来たCP0。



彼らは国民に言いました。



報じられた情報は全て誤報だと。



世界政府ごと操るドフラミンゴ。



サンジは驚きを隠せませんでした。



そして王下七武海脱退と王を降りるという情報が誤報と決まった今、シーザーの取引は不成立です。



困るロー。



そんなローのもとへドフラミンゴと海軍大将「藤虎」が現れました。



ルフィ、コロシアムのリングへ




%e3%82%8b%e3%81%b5


実兄エースの食べたメラメラの実を取る為にドレスローザのコロシアムに出場したルフィ。



コロシアムには多くの恐ろしい猛者達が出場していました。



そしてそんな猛者達を地獄へ誘うコロシアムの殺人牛「ブルータブル」もコロシアムには放たれています。



しかしそんなブルータブルを乗りこなす一人の男がいます。



その男こそ・・・



我らがルフィです!!!



殺人牛とも仲良くなってしまうルフィ。



ルフィはブルータブルをウーシーと名付け、多くの参加者をやっつけさせました。



そんな中、巨人の参加者「ハイルディン」にたまたま突っ込んでしまったウーシーとルフィ。



ハイルディンは怒って二人を踏み潰しました。



気絶するウーシー。



それを見守るルフィ。



ルフィは怒りました。



そして目にも留まらぬ速さでハイルディンを一発KO。



これには会場を観覧する多くの国民が度肝を抜かされました。



ドフラミンゴVSローVS藤虎




huji


藤虎はドフラミンゴもローもどちらも勘ぐっていました。



ドフラミンゴには悪い噂があり、それが本当であれば王下七武海を本当にやめてもらわなければいけません。



そしてローはもともと王下七武海の一人。



しかしルフィと同盟を組んでいるのであれば大問題です。



ですがルフィがローの部下であればこの話は白で決着が着く訳です。




同盟なのか部下なのかと聞いた藤虎。



ローは堂々と宣言しました。



同盟だと。



不器用な男です。



しかしそれがかっこいい!!!



そりゃローファンも増えるって話です!!



ですが藤虎はそれを聞いて「かっこいい!」とはなりません。



すぐにローを捕まえるモードへ入りました。



自身の能力で隕石をたくさん落としたのです。



焦るローとドフラミンゴ。



必死に自分たちの技で隕石を斬り裂きます。



その結果、残ったのは3人の足場だけでした。



藤虎はほんの腕試しだと語ります。



英雄ウソランド




kobito


小人達に捕まってしまったウソップとロビン。



ですが小人達は悪い人たちではありません。



正直者で純粋な小人族達。




だからこそウソップの嘘を純粋に信用してしまっているのです。




先ほど藤虎が落とした隕石によって、小人族達とウソップ達のいる場所まで揺れました。



ウソップはそれをなんと自分の覇気だと言い始めたのです。



それを信じる小人族達。



尊敬の眼差しです。



小人族はウソップの事をウソランドと呼んでいます。




これには理由があるのです。



実は小人族は昔、モンブラン・ノーランドに救われているんですね。



モンブラン・ノーランドというのは空島編の過去エピソードで出て来た植物学者の素晴らしい人です。



ウソップは自分がそのノーランドの子孫だと言い出したのです。



もちろん信じる小人族達!!




これは運命だと自分たちのリーダーになってくれと頼み出す小人族。



ウソップはここで異変に気づきます。



なんか変な事になって来たぞ・・・と。




ウソップは小人族を引き連れてドフラミンゴを打ち倒す事になってしまったのでした。



ウッソランド!ウッソランド!という小人族のコールが鳴り止みません。



Cブロック、勝ち残るのは誰だ!!




tin


Cブロック、数々の戦いが終え、残ったのはルフィと伝説の海賊・チンジャオの二人になりました。



チンジャオはルフィに対して他ならぬ憎悪を持っています。



ルフィはチンジャオとは初対面。



いったいどういう事なのかと困惑するルフィ。



するとチンジャオの口から「ガープ」の名が。



ガープというのはルフィの実の祖父で海軍の中将です。



そう、変装してコロシアムへ出場しているルフィを見抜いていたのです。



ルフィの事をガープの孫だと見抜いた上で戦っているチンジャオ。



実はチンジャオはガープに恨みがありました。




チンジャオがまだ海賊をしていた頃、頭が尖っていました。



その頭ではなんでも砕くことが出来、火でも溶けない氷の島さえも砕くことが出来たのです。



チンジャオは自分の財宝の全てをその氷の島に埋めていました。



財宝を手に入れては頭で島を割って他の海賊に盗まれないように財宝をなおしていたのです。



そんなチンジャオの硬い頭を凹ましたのが海軍中将であり、ルフィの祖父であるガープ。



それ以降、チンジャオは頭で攻撃する事が出来なくなったのです。



そして自分の財宝を取ることも出来なくなってしまったのでした。



そしてチンジャオは決めたのです。




孫の代まで恨むと。




ドレスローザの法




heiti


フランキーを案内しているオモチャの兵隊はフランキーにドレスローザの法を教えていました。



その法というのは2つあり、まず人間とオモチャは午前0時以降には出歩いてはいけないこと。



次に人間はオモチャの家に、オモチャは人間の家に行ってはいけないこと。




不思議な法律にフランキーは首をかしげます。



そして兵隊はフランキーに衝撃の事実を教えます。



オモチャはもとはドレスローザの国民なのだという事を・・・。



実は10年前にやって来たドフラミンゴが部下に能力を使わせて国民をオモチャにしたんですね。



オモチャにされた国民は自分の周りの人達の記憶から消えてしまったのです。


制覇したのはルフィ!!そして恨みが消え・・・




pan


チンジャオと戦うルフィ。



苦戦の末、なんとかチンジャオをぶっ飛ばします!!



その時の衝撃でなんとチンジャオの頭は伸びて来ました。




そう、また再び元に戻ったのです。



コロシアムでの戦い後、起きたチンジャオは気づきました。



自分の頭が戻っている事に。



そしてお礼を言うためにルフィを追いかけるのですが、ルフィはめんどくさそうなので逃げます。



勢いよく土下座するチンジャオ。



その勢いで頭で地面を何度も攻撃してしまいます。



実はルフィを追いかける者は他にもたくさんいました。



恨みを持つキャベツやルフィを尊敬しているバルトロメオ。



ルフィは彼らから必死で逃げます。




そんなルフィに手を差し伸べてくれたのがコロシアムに参加している女の子「レベッカ」でした。



ルフィを狙うレベッカ




rebe


ルフィを人気のないところへ連れて来たレベッカ。



これで追われることもないので安心です。



と思いきや、レベッカはルフィを殺そうとしました!!!




しかし相手はルフィ、すぐに返り討ちに!!


その後、レベッカはルフィに語ります。



実はレベッカはドフラミンゴに逆らった罰でコロシアムに100勝しなければコロシアムから出られないのだとか。



その為にも今回のコロシアムで優勝してメラメラの実を取ろうと考えているのでした。



だから強いルフィを影で討とうと考えたのです。



しかし力の差もありますし何より・・・心優しいレベッカにはそれが出来ませんでした。



レベッカには仲良しなオモチャの兵隊さんがいます。




小さい頃、親をドフラミンゴに殺されたレベッカは兵隊さんに育ててもらいました。



そんな兵隊さんが今日、ドフラミンゴを討つ為に命をかけて戦うと言うのです。



それもこれもレベッカのため。




だからレベッカはいつも守ってくれた兵隊さんを守る為にメラメラの実を取ると誓ったのでした。



ワンピース72巻にちなんだ4コマ




今回はチンジャオの頭をテーマにした4コマを考えてみました。



atama


チンジャオの頭の作りはなかなかカッコいいですよね。



しかしあれはチンジャオだから似合うのであって、他の人が真似をしてもカッコ良くはなりません。



今回はそんな4コマ漫画でした。



面白いと思った方はリツイートして頂けると嬉しいです。